about

「SWW – 第10弾 タイ・ミャンマー編」

SUNDRUM With World(SWW)は、打楽器奏者坪内あつしを中心に、グループSUNDRUMのメンバーが、世界を旅して各地の民族音楽とコラボレーションし、世界を繋ぐ新たな芸能を創作するプロジェクトです。

2019年5月は坪内あつし、ダンサー菜央、そして2歳になったばかりの娘みはるの坪内一家3人が約3週間タイ、ミャンマーに渡り活動を行います。

ミャンマーでは、メロディーを奏でる打楽器のアンサンブルとして世界最高峰と言えるビルマ族の伝統音楽サインワインとコラボレーションします。彼らとの交流を通じた、新たな録音作品を制作します。

タイでは、菜央がタイ式ヨガと言われるルーシーダットンの修行をします。

帰国後は、録音作品を発表するほか、現地の調査、旅の様子、ダンスを含めたコラボレーションの映像を、上映するイベントを全国で開催する予定です。

「支援金のお願い」

SWWでは、海外での活動を行うための資金を集めております。皆様からの支援金は、旅費を始め、現地の音楽家への謝礼などの制作予算として、使わせていただいております。今回は支援金のお礼として、現地での活動の成果物CDなどを準備しております。皆様、是非応援よろしくお願いいたします。